ばきりノす、定期イベント「ばきりノすの巣」

2017年から3ヶ月位にアバンギルドで1回開催されるばきりノす企画「ばきりノすの巣」
ばきりノすとラスのソロとガッキーの作る会場BGMに加え、ゲストアーティストが2組。
ステージなども少し装飾をして、ばきりノす2人が好き遊ぶところ、ばきりノすの巣をつくります。
是非その巣に皆様遊びに来て下さい。
毎回、ゲストアーティストにばきりノすがインタビューもしてます、そちらもぜひ(アーティスト紹介の所にあります)

ばきりノすの巣 三ノ巣
2017年7月21日(金)@UrBANGUILD

ばきりノす
ラス
DJ Furutono
もぐらが一周するまで

会場BGM : ガキ

◇ OPEN 19:00  / START 19:30
◇ adv.1900 yen + 1drink / door.2300 yen + 1drink

 



 

ばきりノすの巣 二ノ巣
2017年4月21日(金)@UrBANGUILD

ばきりノす
ラス
Haco
中川裕貴

会場BGM : ガキ

◇ OPEN 19:00  / START 19:30
◇ adv.1900 yen + 1drink / door.2300 yen + 1drink


nakagawa _picture by Naoki Fujita
picture by Naoki Fujita
中川裕貴 Yuki Nakagawa

京都市在住。楽器(チェロ)を持ち、電気を使い、作曲・演奏(拡声)・演出を行う。 バンド「中川裕貴、バンド」「swimm」などに参加。
その他、演劇作品の舞台音楽をいくつか担当。 此処数年は「音/音楽」の周辺に潜り・漬りながら、それら特有の正邪の存在を意識し、
演奏をもってその間を行き来すること、また「音/音楽」が持っている体系/倫理を部分的に 切断させ、その断面を眺めるということを行っている。
http://nonpage.exblog.jp/

☆中川裕貴にインタビューしてみた

 


haco
Haco
ヴォーカリスト、作曲家、エレクトロニクス奏者、サウンドアーティスト。
80年代に音響芸術を学び、After Dinnerを結成すると共に作品が国際的に評価される。
近年、声と有機的なエレクトロニクス手法を用いた独自のパフォーマンスを展開。
透明感のある歌声と音響技術が融合した実験的ポップ感覚をつめこんだ楽曲によって、世界中にファンをもつ。
これまでにソロやHoahio等のCD発売多数。海外の革新的な音楽/アートフェスティバルからの招聘をうけ毎年のように
公演ツアーを行っている。
2015年には、通算6枚目にあたるセルフプロデュースの歌ものソロアルバム「Secret Garden」が国内Nuovo Immigratoより
リリースされる。2016年には、1ヶ月に及ぶヨーロッパツアーも大好評を博した。
http://www.hacohaco.net

☆「Haco」にインタビューしてみた
20170421

 ばきりノすの巣の過去