■ ばきりノす ■

2003年、春に結成、関西を中心に活動。
ラスとガキ、女性二人によるほぼアカペラのユニット。

2007年春には、フランス、ニームにて、
日本のアーティストが出るフェスティバル、
『L’EXPERIENCE JAPONAISE』に出演
2009年にミニヨーロッパツアーに行ったり
色んなところで唄ってます。

二声で奏でられるライブ空間は独特の浮遊感と緊張感が混在する。
いつもそばにあるあんなことやこんなこと、
まぶたを閉じて浮かぶココロ模様や色景色をコトバに。
何色でもない音空間を声で奏でる。
今日も唄う。明日も唄う。
ふらふらと。ふわふわと。
二つの魂が遊ぶ。

憑依するものの怪、でもどこかみんなのうた。

怪しいけど愉快な音世界、
そこは、あらゆる自意識とは無縁に、ただ声と唄が存在し、
ピュアな無機質的空間に包まれる場所。
声の次の次元を垣間見せる。
の喉を震わせる度に絵が動き、唄が生まれる。
音楽でありながらコード感がなく、
リズムというものも厳密な意味でないに等しい。
しかし確実に旋律が存在し、リズムが埋め込まれている。
音楽という決まり事から脱っしながらも、あくまで音楽であり続ける…
でも、そんなことなんて何処吹く風。
『音と戯れるように遊ぶ。』

 



■ Bakirinosu ■
Our unit form in 2003 and we have been performing mainly in Osaka Japan.
We released first mini album ” IRONAKISORA,TO,AOITUKI
(The sky whichdoesn’t have a color.And the moon to be blue.)”
in 2005.

We are performing dynamically in 2 – 3 paces per month at present, too.
”Bakirinosu ” is the a cap pel la unit by two women RAS and GAKI.
The floating sense and the tension to be peculiar intermingle with live
space which is played with 2 pieces of voice.

Our live space which is played with 2 pieces of voice has the floating sense
and the tension to be peculiar intermingle.
Our vocal shows a glimpse of the following dimension.
The picture runs and the song is born it is every time possible to shake two
throats.

Every time two throats shake, the picture runs and the song is born.

The chord and the rhythm are equal to doing nothing being in spite of being music.
It doesn’t have a code though it is music and also a rhythm as if is not,too.

But the melody exists surely there and the rhythm is put in there.
It continues to be music persistently however it escapes from decision………..

But we don’t mind such a thing .
“Bakirinosu ” just like sing a song to play with the sound.